私と、ALC(あるく)FROM WAKATSURU 令和蔵

Title:

希少価値が高いシングルカスク・ウイスキーとは

シングルカスクとは?

「シングルカスク・ウイスキー」とは、「シングル(単一)」の「カスク(樽)」という言葉どおり、単一の樽で熟成されたウイスキー原酒のみをボトリングしたウイスキーのことです。
蒸溜所では、樽の材質、使用回数、焼き方、サイズなどを変えて貯蔵することにより、様々な個性を持つウイスキーを造り出しています。
複数の樽の原酒をブレンドして造り出すウイスキーもありますが、シングルカスクはブレンドされることなく、一樽からのみ瓶詰めされます。

シングルカスクは
天使が選んだ「最高の一樽」
のウイスキー

ひとつの樽から瓶詰めされるウイスキーはバーボン樽でわずか200本程度、シェリー樽で600本程度さらに熟成年数によって天使の分け前(エンゼルズシェア)によってさらに少なくなるため、希少価値が高いお酒です。さらに、シングルカスクとして製品化される樽は蒸留所の中で選び抜かれた上質なもののみとなるため、ほんの一握りしかボトリングされません。
そんなプレミアムなシングルカスクは、天使に愛された“最高の一樽”の個性をダイレクトに楽しめるウイスキーとして、永くウイスキー愛好者に愛されてきました。

樽ごとで香味が違うため
一期一会のお酒として人気

現在のウイスキー市場のメインは蒸留所の枠を越えて集めたグレーン原酒とモルト原酒をブレンドして作られる「ブレンデッドウイスキー」です。香りも味わいも幅広い銘柄が揃います。
一方、「シングルモルト」や「シングルカスク」はより蒸留所の個性を色濃く出したものになり、中でも「シングルモルト」はひとつの蒸留所で作られた複数樽のモルト原酒を混ぜたものに対して、「シングルカスク」はひとつの蒸留所の一樽のみからボトリングされるため、樽の個性がより際立ちます。
ウイスキーの熟成は、蒸留所と熟成年数が同じでも樽ごとに香りも味わいも異なるので、同じウイスキーを隣りあった樽で熟成させても同じ味には仕上がりません。シングルカスクは、まさに一期一会の香味が楽しめる、唯一無二のお酒といえます。

おすすめの飲み方

おすすめの飲み方は、やはり樽の個性をそのまま味わうことができるストレートか少量加水です。
数に限りがあり、簡単には手に入らないと言われているシングルカスクですが、「私とALC.」オンラインショップにて会員様限定で定期的に販売を行なっています。ぜひお試しください。

T and T TOYAMA

「私とALC.」オンラインショップで販売している限定ウイスキーは、T&T TOYAMAにより数ある樽のなかから選りすぐられたひと樽をセレクトしています。
T&T TOYAMAとは、北陸でたったひとつのウイスキー蒸留所である三郎丸蒸留所の造り手稲垣貴彦と、シングルモルト専門店モルトヤマ店主の下野孔明による富山県からウイスキーの魅力を発信しようという想いから立ち上げられた共同プロジェクトです。