私と、ALC(あるく)FROM WAKATSURU 令和蔵

Title:

私と、ALC. セレクトワインとは

ソムリエが厳選するGRNのワイン

「私と、ALC.」で取り扱っているワインは、高品質のワインを数多く取り揃えるGRNワインの中からソムリエが厳選したワインです。
産地も味わいも、気軽に楽しめるものからこだわりの一本まで、幅広く取り揃えたセレクトワインとなっています。

GRNのワインは、特に産地・ワイナリーにこだわっており、オーストラリアをはじめとするワイナリーから直接取り寄せています。GRNでは、ホームページにて詳しい生産者のご紹介やソムリエによるセミナーを開くなど、よりワインを美味しく深く味わっていただくために活動しています。
また、GRNワインでは、ソムリエ岩田歩氏とソムリエ内藤邦夫氏、二名のソムリエをコンサルタントとして迎えています。

ソムリエ 岩田歩氏

岩田渉氏 プロフィール
第4回 アジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクール優勝
1989年愛知県生まれ。同志社大学在学中にニュージーランドへ留学。4年間ワインの勉強に没頭し各国のワイナリーを巡る。

主な受賞歴
2017年「第8回全日本最優秀ソムリエコンクール」優勝
2018年「第4回A.S.Iアジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクール」優勝
2019年「第16回A.S.I.世界最優秀ソムリエコンクール」11位入賞
2019年1月よりGRN株式会社とコンサルタント契約を結び、商品選定、コメント執筆、セミナー講師を務めている。

ソムリエ 内藤邦夫氏

内藤邦夫氏 プロフィール
メルシャン勤務を経て、酒類ディスカウントチェーン「やまや」入社。東京地区の店舗の立ち上げに携わり首都圏10店舗を統括。
1999年、東京・虎ノ門にワイン専門店「カーヴ ド リラックス」を立ち上げ、日本を代表するワイン専門店に育て上げる。
2020年にワインコンサルタント会社「内藤プランニング」を設立、代表取締役社長に就任。
スーパーマーケット等のワイン売り場を多数指導するなど、酒類の流通・マーケット、ワインの輸入販売業務に精通している。

仏国騎士称号シュバリエ ド タストヴァン
ソムリエ(日本ソムリエ協会認定)
カーヴ・ド・リラックス創業者
ワインコンサルティング会社「内藤プランニング」代表

「私と、ALC.」限定販売 プレミアムワインセット

今回、「私と、ALC.」にて取り扱っているGRNのワインをより多くの人に知っていただくための特別企画として、ソムリエ内藤邦夫氏セレクトのプレミアムワインセット「ヴォギュエ&プロフェッツ・ロック 至宝のワインセット」を9セット限定で販売いたします。
「私と、ALC .」オンラインショップのみの限定販売となりますので、ぜひこの機会をお見逃しなく。

■セット内容
・ヴォギュエ ミュジーニー V.V. 2018(750ml)×1本
・プロフェッツ・ロック キュヴェ・オー・アンティポード(750ml)×1本

(以下、ソムリエ 内藤氏によるご紹介・解説)


内藤氏:皆さん、はじめまして、こんにちは。
私は、若鶴酒造・GRN グループの洋酒専門卸”リラックス”で、ワインを担当している内藤邦夫と申します。メルシャン→ 酒のやまや → ワイン専門店カーヴドリラックスと、37年間の長きにわたりワインビジネスに携わってまいりました。

今回、私のセレクトしたレア中のレアな銘醸ワインのセットを、ここ「私と、ALC.」で発売いたします。
これまで20年ほどワインのインターネット販売にも関わってきましたが、今回のセットは私の長いキャリアの中でも特別クラス。
世界中のワインマニアが一度は飲んでみたいと憧れるフランス・ブルゴーニュ地方の超名門ワイナリー”ヴォギュエ”の最上級ワイン”ミュジニー ・ヴィエーヌ・ヴィーヌ”と、その”ヴォギュエ”の醸造長、フランソワ・ミエ氏が、ニュージーランドで造る稀少ワイン”プロフェッツ・ロック キュヴェ・オー・アンティポード”の2本セットです。

”ヴォギュエ”の最上級ワイン
「ミュジニー ・ヴィエーヌ・ヴィーヌ」

内藤氏:ミュジニーは、シャンボール・ミュジニー村最南端に位置する特級畑。数あるブルゴーニュの特級畑の中でも別格な葡萄園。
中でもこのミュジニー最大の生産者”コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ”のミュジニー・ヴィエーヌ・ヴィーヌは、かのロマネ・コンティと並んで称されることも多いブルゴーニュワインの至宝ともいうべき一本。
7ヘクタールの特級格付けの自家葡萄園の中でも、特に樹齢の高い最高の区画で収穫されたピノ・ノワールのみでワインは造られます。
ワインファンならば誰でも一度は飲んでみたいと思う銘醸中の銘醸ワインです。

しかも今回お届けする2018年は、ブルゴーニュでは久しぶりの大豊作のグレートヴィンテージ。
記録的な好天が続き、ブドウは量と質ともに最高クラスの収穫がありました。
フランスでは過去2番目に暑かった夏の気温が、ピノ・ノワールには高すぎるのではと心配する向きもありますが、そこは”コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ”。熟練の栽培家がブドウの状態を常にチェックしており、少しでも問題があれば長年の経験に基づいて丁寧にケアができる体制をとっています。
今年になってリリースされたばかりの、このグレートヴィンテージ。
はてさて、どんな味わいかと世界中のワインファンが情報を求めている最中。
もちろん私もまだ飲んでいません。と、いうか、仮に入手をしたとしても、何年後に飲むべきかも悩ましいところ。
実際にヴォギュエのミュジニーは理解が最も難しいワインとも言われ、長い熟成と飲み手との共鳴があって初めてその真価が分かるとされています。
飲み手がワインに膝まづくほどの畏敬の念を持つことを求められる特別なワインです。
是非一度、ご体験をされてはいかがでしょうか?

ニュージーランドで造る稀少ワイン
「プロフェッツ・ロック キュヴェ・オー・アンティポード」

内藤氏:プロフェッツ・ロックは、ニュージーランド南島の”セントラル・オタゴ”で、1999年に創業した極めて評価の高いワイナリー。間違いなくニュージーランドを代表するトップワイナリーのひとつです。
ワイナリーの醸造長、ポール・ジョブル氏はフランス人の父を持つニュージーランド人。かつてヴォギュエでワイン造りを修業したご縁からフランソワ・ミエ氏と深い親交を持ち、2015年から彼ら共同でのワイン造りが始まりました。
フランソワと彼の息子がニュージランドへ赴き、プロフェッツ・ロックの最高区画の葡萄畑で自らピノ・ノワールの栽培とワインの醸造を手掛けています。
このキュヴェ・オー・アンティポードは、世界でも指折りの醸造家フランソワ・ミエ氏がブルゴーニュ以外で初めて造る幻ともいわれる銘醸ワイン。
ヴォギュエのミュジニーが固く難しい哲学的なワインと言われるのに対し、アンティポードは華やかで温かみを感じる味わいがあります。
同じ醸造家が基本的には同じ手法で仕込んでも、その土地のテロワールと、彼が背負うものの違いからか、その比較がとても興味深く思われます。
いずれにせよ、最高級のピノ・ノワールであることに間違いはありません。

今回のセットに入るヴィンテージは、最新のヴィンテージとなる2018年。生産本数は僅か1,914本。
まさに入手困難な稀少ワイン同士の、同一ヴィンテージの比較試飲もできるという企画です。

内藤氏:ヴォギュエ・ミュジニーの輸入者はGRNグループのインポーター、ウィック社。アンティポードの輸入者は、GRN株式会社です。
どちらも「私と、ALC」 のグループ会社の輸入により、中間流通コストをバッサリと削減。今回の、破格な販売価格が実現しています。
品質に関しても、もちろん太鼓判の保証をいたします。輸送に関してもヴォギュエは航空便で、アンティポードはリーファーコンテナを使用していますのでご安心ください。

数量限定となりますので、お買い求めはどうぞお早めに。
ご注文をお待ちしております。

オススメ商品